薬物療法

この双極性障害の治療にもうつ病のように薬を利用します。基本的に日本ではリチウム、バルプロ酸、カルバマゼピンというような種類の薬を利用します。海外ではもっと効果が高い薬が利用されていますが、日本ではまだ認証されておらず安全性が保証できないために処方できません。

普通のうつ病とは違い、この双極性障害の場合に利用する治療薬は副作用があからさまに強い物が多く中々苦労します。慎重に扱っていなければ内臓系の病気になってしまうこともあるのです。医師から処方された物を必要なときにだけ飲むこと、できるだけ躁状態とうつ状態をおこさないようにする必要があります。割合的には双極性障害でも常に躁状態ではなく、うつ状態になっている時間のほうが長いです。
うつ状態の時には抗不安薬だったり、うつ状態を改善させる為の抗鬱剤を服用することもあります。
本人に病気を自覚させ、ゆっくりと治療したりカウンセリングをしてじわじわと病気を治療する必要があります。急いでしまったり、無理をさせれば他の病気を呼び起こすきっかけになってしまうことだってあるのです。